人工透析って何だろう~正しい治療を受けて明るい希望~

病気を知る

医者

白血病は昔は不治の病と言われていた病気でしたが、今は病院で治療を行なう事が出来ます。白血病治療の方法に骨髄移植があります。他にも臍帯血の移植という方法もあります。白血病には何種類かタイプが有ります。

詳細を確認する...

こまめなチェックが大切です

医者

病気には次各位症状が無く急に発症する病気もあります。定期的な検査を受けることで重い病気でも早期発見することが出来るので、効率よく治療を行なうことが出来ます。心臓ドッグという種類の定期検査もあります。

詳細を確認する...

有害物質を取り除く

サプリメント

活性酵素は動脈硬化や生活習慣病を引き起こしてしまう要因の一つです。活性酵素から身を守るためには生活習慣を正しく過ごすことが大切です。食生活を見直すだけでも改善につながります。

詳細を確認する...

人工透析とは

女性

人工透析は病気によって低下してしまった腎臓の機能の代わりをしてくれる透析療法のことを言います。腎臓は血液の中の老廃物をろ過して尿へと変える機能を持っている内臓です。腎臓には心臓から血液の1/4が送り込まれます。腎臓は送り込まれた大量の血液のろ過をし続けます。尿を作り出す以外にも、腎臓の機能としては血圧を調整する役割があります。他にも赤血球を作ったり、カルシウムの吸収を増加させるビタミンD3を活性化させるような機能があります。

人工透析を受ける人の腎臓の多くは腎不全と呼ばれる状態になっています。腎不全は様々な要因から腎臓がうまく機能していない状態です。腎不全には急性腎不全と慢性腎不全と呼ばれる2種類があります。腎不全は早期発見することで機能の回復をさせることが出来ます。ですが、腎不全は自覚症状が現れづらい病気の一つで、発見が送れてしまうことが多いです。そのため早期発見できずに腎不全になってしまう人が多くなってしまいます。末期の腎臓病の治療方法は腎臓の移植手術か、人工透析などの透析療法しかありません。

人工透析は水分や老廃物の管理が出来なくなった腎臓の代わりに人工的に血液の浄化を行ないます。透析療法には人工的に行なうオンラインHDF療法、血液透析療法、腹膜透析療法の3種類があります。腎不全になっても人工透析療法を続けることで元気に働く人も多いです。腎不全になってしまったからと、落ち込むだけでなく、前向きに人工透析療法を医師の診断結果やアドバイスにしたがって、正しい生活習慣や、食事生活に気をつけて明るく社会生活を送りましょう。人工透析治療は東京以外でも全国各地の人工透析機を導入している病院で受ける事ができるので最寄りの病院を調べてみると良いでしょう。